眼精疲労はサプリメントで解消しよう【目のリフレッシュ計画】

男性

目が疲れる、かすむ時

サプリと粉

目の疲れとは

ある年齢に達すると、誰でも一度は目が疲れる、あるいは目がかすむ、といった症状を経験するはずです。一般に「疲れ目」と言われるものです。疲れ目には二種類あり、少し休憩すると回復するものが普通の疲れ目であり、休憩しても疲れやかすみが残るものが「眼精疲労」です。最近は特にパソコン作業が仕事の主流となり、眼精疲労を若い時期から訴える人も増えています。眼精疲労には、いくつかの原因があります。パソコンやスマホのブルーライトは大きな原因です。その他にも眼精疲労の原因として、ストレスがあげられます。その場合は、目の疲れだけでなく、頭痛や胃腸の不調、イライラ、抑うつ感など、いろいろな症状が出る場合が多いようです。

目の疲れを取るには

眼精疲労を治療する際には、眼科でまずビタミン剤の点眼薬が処方されます。市販薬にもありますが、赤い色をしています。これを1日4回点眼します。それに加えて、人工涙液が処方されることがあります。眼精疲労とドライアイは密接な関係があります。ドライアイは角膜上の涙の量が減って、目が乾く状態です。目が乾くと、やはり目が疲れます。ドライアイの原因は、長時間のパソコン作業によるものが多く、ドライアイがひどくなると眼精疲労を引き起こします。目が乾くのを予防するために、加湿器の使用は有効です。40代以上で眼精疲労を訴える方は、老眼の可能性もあります。度数が合っていない眼鏡やコンタクトレンズを使用することにより、眼精疲労は悪化します。定期的な眼科の受診がおすすめです。