眼精疲労はサプリメントで解消しよう【目のリフレッシュ計画】

男性

深刻な目の疲れ

女性

休憩も大切にして

眼精疲労という症状を感じている人は多いと思いますが、もともと目には目の疲れから眼精疲労までを自己回復する力があります。その力を弱くさせてしまうのが目の酷使というもので、近年ではスマートフォンやゲームなどの人気や仕事でパソコンを使うことが主流となっているので、目を使い続ける状況が増えています。目には紫色の色素が存在しており、その色素が目が見えているということを脳に伝えて視力というものになります。そのことから、紫色の色素が少なくなると視力が低下するのです。紫色の色素は光に当たるとビタミンAに変わってしまうので、スマートフォンやパソコンの画面を見続けると自己回復の力が弱まってしまいます。目を休める時間を意識してとると、自己回復の力がちゃんと発揮されます。

目と脳は繋がっている

スマートフォン・パソコン・ゲームの普及と人気により眼精疲労が増えている現代ですが、眼精疲労が続くと目は深刻なダメージを負います。年齢と共に視力が衰えるのは当たり前のことですが、若い頃から目を酷使して眼精疲労があると年齢を重ねるごとに視力に障害が出る可能性が高くなります。また目は脳の一部なので、脳にも影響が出て認知症のリスクも高まるとされています。仕事でパソコンやスマートフォンを用いるのが普通となっている世の中なので目を使わないといったことは難しいと思うので、目を休める意識を持つことが大切です。合間休憩や仕事を終えた後に目の周りを温めながらマッサージをしてコリをほぐし、食事の栄養バランスに目を向けてアントシアニンを摂取すると良いと思います。目を休める意識をしないと、目を酷使し続けた若い人たちは将来的な心配があります。